2018年12月27日 (木)

屋根に力士300人?

気象予報士(株式会社ハレックス)●檜山靖洋

 日本海側の山沿いでは、冬には雪下ろしを頻繁にしないといけません。寒い冬になり雪が多い年はいっそう大変です。
 新雪のサラサラ雪でも、1立方mで100kgの重さがあります。10m四方の屋根の家には10トンの重さがかかります。雪は時間とともに重さが増し、同じ1立方mの雪でも、ざらめ雪になると最大500kgにもなります。10m四方の屋根の上に50トンの重さになります。力士1人の体重が150kgとすると、普通の家の屋根の上に300人以上の力士が乗っているのと同じです。この重さが屋根や柱にかかり、家が倒壊する恐れもあります。このため、雪下ろしを小まめにする必要があります。
 雪下ろし作業は危険を伴いますので、必ず複数の人で、命綱を着け、ヘルメットをかぶるなどの安全対策をして行いましょう。

P34_12otenki_4c

風邪のひき始めにつぼ刺激

健康生活研究所所長●堤 喜久雄

 寒い季節は空気が乾燥して風邪をひきやすくなります。今回は、せきや喉の痛みなど呼吸器系の症状を和らげ、風邪に効果的といわれるつぼを使った体操をご紹介します。
 腕の内側にある、孔最(こうさい)と呼ばれるつぼを、反対側の親指で強めに押しながら、手をグーパー繰り返しながら動かします。ちなみに、風邪のときに孔最を押すと痛みが感じられることもあります。
 パーは指先まで伸ばします。秒針程度の速さで始め、慣れてきたら少しずつ速くしてみましょう。「イチ、ニ、イチ、ニ」と声を出しながらリズミカルに行うと良いでしょう。
 応用として、グーのときの親指を、内側と外側の交互に出し入れしながら動かすと、より刺激が入ります。風邪のひき始めに、ぜひやってみましょう。


つぼを押しながらグーパーグーパー

(1)右腕は内側を向け、左の親指で孔最を押さえます。

P28_12teyubi_01_4c

(2)右手のこぶしを握りながら(グー)、右腕を軽く曲げます。

P28_12teyubi_02_4c

(3)右腕を伸ばしながら手を開きます(パー)。

P28_12teyubi_03_4c

(2)(3)の動きを20秒ほど繰り返します。左手も同様に行います。

P28_12teyubi_04_4c

孔最は肘の内側から5~6cm分下

2018年11月27日 (火)

節約するならしっかりご飯

管理栄養士・雑穀料理家●柴田真希

 家計の消費支出の中で、住居代(家賃・地代)は変更できませんし、水道光熱費は切り詰めるにも限界があります。節約したい、貯金したいと思ったとき最初に目を向けられるのは「食費」ではないでしょうか。
 しかし、きちんと食べず体調を崩して病院代や薬代など無駄な出費が増えては意味がありません。また食事の量を減らし過ぎておなかがすいてしまい、間食に手を出してしまえば余計な出費がまた増えます。しっかりとバランスを取りつつ、きちんと節約をするならしっかりと「ご飯」を食べることをお勧めします。
 最近は糖質オフ・低炭水化物ダイエットなどでご飯を控え、おかずを多めに食べる人がいますが、おかずばかり食べると食費がかさみます。例えば、100g当たり、鶏もも肉は120円、豚ロース肉は260円くらいですが、ここから加熱して味付けするのに調味料代がかかり付け合わせなども添えます。しかし肉類100gだけでは、おなかは満たされません。それに比べて米1kgが500円の場合、炊いたご飯は1杯(150g)で34円。大盛り(200g)でもたったの45円です。米は水を入れて炊くだけなので、これ以外に費用もかかりません。
 コンビニエンスストアに行っても200円強あればおにぎりが2個購入できますが、200円強ではサラダ1個くらいしか買えません。サラダで栄養補給はできますが、おなかいっぱいにはなりません。
 もちろん、肉や魚などのタンパク質、野菜などでビタミン・ミネラルを補給することも大切ですが、大切なのはバランス。ベストな栄養バランスはご飯6:おかず4です。おかずばかり食べるのではなく、しっかりご飯を食べることで栄養バランスも整え、食費も抑えることができるのです。

P25_11kome_4c


柴田真希(しばたまき) 株式会社エミッシュ代表取締役。Love Table Labo.代表。管理栄養士、雑穀料理家、フードスペシャリスト、1級惣菜管理士、健康食育シニアマスター、漢方養生指導士(漢方スタイリスト)。著書に『女子栄養大学の雑穀レシピ』(PHP出版)『おなかやせ定食』(主婦の友社)などがある。

五十肩の3段階の経過と注意点

佐久総合病院名誉院長●松島松翠

 「普段から何となく右肩がぎこちないと思っていましたが、ある晩急に痛みを感じ、その後痛みが取れません。医師に診てもらったら『五十肩』と言われましたが、どうすれば治るでしょうか」(52歳男性)。そんなお悩みを聞きました。
 五十肩は、特にきっかけがないのに肩が徐々に痛みだし、肩が動かしにくくなる病気です。40代、50代での発症が最も多いので、この名が付いています。
 肩関節は、全身の関節の中で最も大きく動く関節です。そのため、肩関節の周囲の組織には大きな負担がかかります。長年の負担が原因で、40~50代頃になって肩関節の周囲の組織に炎症が起こるのが、五十肩です。医学的には「肩関節周囲炎」と呼ばれています。
 五十肩は「急性期」「慢性期」「回復期」の3段階の経過をたどります。
 五十肩のなり始めの痛みの強い時期を急性期といいます。動かした瞬間に最も痛み、寝ているときなど安静時にも痛みます。ただし、腕や肩を動かすことはできます。期間は約1~2カ月間です。
 急性期には肩を無理に動かしたりせずに、安静を心掛けることが第一です。特別な治療をしなくても、多くはやがて治ります。しかし、痛みが特に強い場合や、電車などでつり革をつかめなかったり、衣服の着脱が困難になるなど、日常生活に支障を来している場合は、整形外科を受診しましょう。
 慢性期に入ると、痛みは減るものの肩関節を覆っている関節包が縮んで硬くなり、関節が動かしにくくなります。そこで少しずつ肩を動かしていき、無理のない範囲で関節の動く範囲を広げていきます。およそ5~6カ月間です。回復期に入ると、痛みはほとんどなくなります。しかし、肩関節の硬い状態は続きますので、回復期には積極的に肩を動かすことを続けましょう。

P28_11kenko_4c


手のひらたたきで転倒防止

健康生活研究所所長●堤 喜久雄

 何もない場所で転んだ経験はありませんか。実はこれ、加齢変化の第一歩。お年寄りの転倒はその後の生活に大きな影響を与えることがあり、予防がとても重要です。
 転倒しやすくなる原因の一つに、加齢による神経と筋肉の連携障害が挙げられます。今回ご紹介する手指体操は、神経系に働き掛けて、とっさの危険防止に役立てようというものです。
 どちらの手がグーかパーか、どちらの手でたたくか、何回たたくかを瞬間的に使い分ける運動能力を身に付けていきます。転びそうになった瞬間、反射的に何かをつかんだり、手のひらを開いて地面に突いたりすることで身を守ります。
 パーは指先まで伸ばします。秒針程度の速さで始め、慣れてきたら少しずつ速くしてみましょう。日ごろから瞬発力を鍛え、先手を打っておくと良いですね。


ステップ1

(1)右手はこぶしを握り、左手は開きます。右手のこぶしで左手のひらをたたきます。

P28_11teyubi_01_4c

(2)次は、右手は開き、左手はこぶしを握ります。左手のこぶしで右手のひらをたたきます。(1)(2)の動きを20秒ほど繰り返します。

P28_11teyubi_02_4c

ステップ2

(3)右手は開き、左手はこぶしを握ります。右手のひらで左手のこぶしをたたきます。

P28_11teyubi_03_4c

(4)右手はこぶしを握り、左手は開きます。左手のひらで右手のこぶしをたたきます。(3)(4)の動きを20秒ほど繰り返します。

P28_11teyubi_04_4c

慣れてきたら(1)から(4)までを1セットとして繰り返し行います。

2018年10月26日 (金)

和食に欠かせないお米

管理栄養士・雑穀料理家●柴田真希

 「和食」はユネスコ無形文化遺産に登録されましたが、忙しい日々を過ごしていると、毎日・毎食の食事がおろそかになってしまうこともあるのではないでしょうか。五穀豊穣(ほうじょう)や実りの季節を迎える秋に和食文化の保護・継承の大切さについて考えようと制定されたのが「和食の日」である11月24日(いい日本食の日)。あらためて、和食文化とはどのようなものか考えてみましょう。
 まず初めに、一汁三菜を基本とする食事スタイルです。和食は米飯を主食とし、汁・菜・漬物によって構成されます。味付けはだしのうま味をベースとし、しょうゆやみそ、酢などの伝統的な調味料を用いて作られます。このような形を取ることで、自然と理想的な栄養バランスになるといわれています。
 さらに日本には四季があり、海・山・里と豊かな自然が広がっています。各地で地域に根差した食材を利用する地産地消の文化。また年中行事などを行い、郷土料理が振る舞われます。このような料理で食卓を囲むことで地域や家族が育まれていくのです。
 食べる姿勢も大切で、同じアジア圏でも中国や韓国では箸以外に汁物などをいただくときはスプーンやれんげなどを主に使用しますが、日本は「箸」中心です。さらに自分用の箸や茶わんがありますが、一汁三菜と自分用に盛り付けられた料理をいただく日本独自のもので他国に少ないスタイルともいわれています。
 「単品食べ」「糖質オフ」など偏った食事や、コンビニや外食ばかりといった「バランスの取りにくい食事」など和食の良さを忘れていないでしょうか。いま一度、旬の食材に目を向け、ご飯中心に汁や漬物などバランス良く家族みんなで食べるなど、食べ方にも気を付け「食べ物をいただく」ことに感謝しましょう。

P25_10kome_4c


柴田真希(しばたまき) 株式会社エミッシュ代表取締役。Love Table Labo.代表。管理栄養士、雑穀料理家、フードスペシャリスト、1級惣菜管理士、健康食育シニアマスター、漢方養生指導士(漢方スタイリスト)。著書に『女子栄養大学の雑穀レシピ』(PHP出版)『おなかやせ定食』(主婦の友社)などがある。

指先のつぼ体操で適正体重に

健康生活研究所所長●堤 喜久雄

 親指と人さし指の指先のつぼを刺激することで、胃腸に刺激を与え、体調を整える体操です。
 親指は呼吸器系、人さし指は消化器系の経絡(気と血液の通り道)があります。
 食欲の秋に体重オーバーが気になる方にはダイエット効果が、食が細くてもう少し太りたい方には食欲がほど良く戻るように働き掛けます。無理な運動や食事制限などストレスのかからない手軽な手指体操で、適正体重に戻してみましょう。
 リズミカルに時計の秒針に合わせた速さで行えると理想的ですが、まずはゆっくりでも正確に動かすことを心掛けてください。左右の指先が同時に付かないように注意してください。慣れるまで少し時間がかかるかもしれませんが、尺取り虫のようなユーモラスな指の動きが楽しい体操です。


尺取り虫のようなユーモラスな動き

(1)親指と人さし指の指先を合わせます。

P28_10teyubi_01_4c

(2)その状態のまま、右の親指を離し、左右が付いている人さし指の下に付けます。

P28_10teyubi_02_4c

(3)右の人さし指を離し、上方に伸ばします。

P28_10teyubi_03_4c

(4)左の親指を、右の親指と左の人さし指が付いている下に付けます。

P28_10teyubi_04_4c

(5)左の人さし指を離し、右の人さし指に付けます。これで(1)と同じ形です。

P28_10teyubi_05_4c

(6)(5)の状態のまま、次は左の親指を離して、(1)から(5)を左右反対の指で行います。この動きを繰り返します。

P28_10teyubi_06_4c


2018年9月28日 (金)

みそ汁の栄養

管理栄養士・雑穀料理家●柴田真希

 ご飯のお供といえば、やはりみそ汁。ご飯やみそ汁を飽きたと感じることはありませんから、日本人に欠かせない料理の一つです。昨今の「減塩思考」から控える人がいるということも耳にしますが、みそ汁の栄養ポイントをご紹介しましょう。
 みそ汁の調味料である、みその原料は「大豆」です。大豆に塩やこうじを入れて発酵させた物がみそになります。大豆はタンパク質の他、ビタミンB群をはじめとしたビタミンやマグネシウム、カリウムをはじめとしたミネラル、食物繊維を豊富に含むことはご存じだとは思いますが、これが発酵されることによりタンパク質がアミノ酸に分解され、消化されやすくうま味も増すなどのメリットがあるのです。
 気になる塩分は、みその種類にもよりますが10~13%くらいで、淡色辛みそで大さじ1杯当たり2・2gです。2人分で300ccのだし汁に対して大さじ1杯のみそを溶かせば、1人分1g強で済みます。
 みそ汁には具材を入れますが、野菜や芋などにはカリウムが含まれます。カリウムには血圧を安定させる作用があり、高血圧予防には欠かせません。また、ワカメなどの海藻にはマグネシウムが含まれ、代謝を促してくれます。カリウムやマグネシウムはゆでると流れ出てしまうため、丸ごと取れるみそ汁は生活習慣病予防に役立つといえるでしょう。塩分が気になる人は具材を多めに。汁の量を減らすことができ、野菜が多く取れるので一石二鳥です。
 みそ汁はご飯と一緒に食べることが多いですが、ご飯に不足しがちな必須アミノ酸のリジンがみそには豊富に含まれています。さらに、ビタミンC、β-カロテンなどのビタミンは米には含まれませんが、みそ汁に旬の野菜をふんだんに使うことで補給できます。ご飯にない栄養素も補給できるみそ汁は、ご飯と最高の組み合わせなのです。

P25_09kome_4c


柴田真希(しばたまき) 株式会社エミッシュ代表取締役。Love Table Labo.代表。管理栄養士、雑穀料理家、フードスペシャリスト、1級惣菜管理士、健康食育シニアマスター、漢方養生指導士(漢方スタイリスト)。著書に『女子栄養大学の雑穀レシピ』(PHP出版)『おなかやせ定食』(主婦の友社)などがある。

右脳体操で創造力を活性化!

健康生活研究所所長●堤 喜久雄

 普段の生活の中で、良い考えが浮かばない、気の利いた言葉が出てこない、そんなときには、左手を動かして右脳を活性化させましょう。
 脳は左右対称の臓器ですが、左右で働きが異なります。左脳は、読み・書き・話す・計算など言語や文字の認識、論理的な思考を司っています。一方、右脳は、音楽・図形・映像の認識など、発想や直感といった芸術的な分野に関係しています。
 脳の左右の働きを上手に使いこなしたいものですね。手指を動かすことで、脳は活性化するといわれています。しかし、私たちの生活はどんどん便利になり、手作業は減る一方。特に左手や左指は意識して動かす必要があると考えます。
 今回ご紹介する体操は、指先を合わせる小さな動きですが、脳の活性化には効果的です。
 時計の秒針の動きに近い速さで行いましょう。速ければ速いほど脳に刺激が入りますが、まずは正確に動かすことを心掛けてください。


指を曲げて指先合わせをしましょう

ステップ1

(1)親指の指先と人さし指の指先を合わせます。合わせたときを「1」とします。

P28_09teyubi_01_4c

(2)人さし指の第1関節を曲げて親指で人さし指の爪を押さえます。押さえたときを「2」とします。

P28_09teyubi_02_4c

(3)再び「1」で指先を合わせます。「1、2、1、2」と繰り返します。

P28_09teyubi_03_4c


ステップ2

同様の動きを、親指と中指、親指と薬指、親指と小指でも行いましょう。合わせる指先や合わせる回数を変えて、いろいろなパターンが可能です。脳をフルに使って活性化させましょう。

2018年8月29日 (水)

台風予報の進化

気象予報士(株式会社ハレックス)●檜山靖洋

 8月、9月は台風シーズンで、日本列島に近づく台風が最も多い時期です。台風の予想には、テレビや新聞などでもおなじみの予報円があります。現在は5日先までの予報円と3日先までの台風の強さの予想が発表されています。
 気象庁では、今年新しいスーパーコンピューターを使い始めました。これにより、今年度末までには台風の強さの予想をこれまでの3日先から5日先まで延ばすことになっています。台風の予報がより早く、より正確に分かるようになってきます。
 台風が近づくことがより早く、正確に分かるだけでは、台風による災害を避けられるわけではありません。台風が来ると予想されたときは、どのような準備をしたら良いか、あらためて確認しておきましょう。その上で正確な予報を活用し、早めの行動に結び付けていけたらいいですね。

P34_08otenki_4c