2019年6月27日 (木)

好みのトマトを探して

食育インストラクター●岡村麻純

 私の家族はとにかくトマトが大好きです。一年中食卓にトマトが並ばない日はありません。たとえその日がお鍋であろうと、トマト煮込みであろうと、カットトマトは必ず出すのが習慣です。トマトはそのままが一番おいしいと言って、サラダに混ぜることすら嫌がります。結果、毎食サラダとカットトマトがそれぞれで登場します。
 実はトマトには昆布だしと同じうま味成分であるグルタミン酸が含まれています。欧州では古くから、日本のおだしのようにトマトが調味料として使われてきました。それを思うと本当にトマトはそのままで十分なのかもしれません。
 さらに最近ではトマトの種類が増え、たくさんの味が楽しめます。その中でも糖度8度以上のフルーツトマトはたくさん見掛けるようになりました。日本のトマトで最も一般的な桃太郎系の糖度が5・8度ほどだそうなので、それ以上に甘く、まさにフルーツのようなトマトです。また、酸味のある種の周りのゼリー状の部分を少なくし、甘味を強く感じられる品種も出ています。とにかく甘くなるトマト、これからは、トマトは野菜ではなく果物のような存在になっていくのかもしれません。
 切るだけで人気の一品になってくれる優秀なトマトですが、栄養も豊富。ビタミンCやカリウムも多く含み、赤い色を作っているリコピンは抗酸化作用があるため、がんの予防効果もあるとされています。
 甘いトマトが増えている今日ですが、実はわが家ではその流れとは逆に酸味の強いトマトが人気です。完熟手前のファーストトマトが好きですし、2歳の娘はトマトの種の周りのゼリー状の部分が好きです。このトマトの種の周りの部分、酸味はありますが、栄養も豊富。ならば、ゼリー状の部分がたくさん含まれるトマトを探してあげたい。そこで好みのトマトを探して八百屋さん巡りをしています。トマトが旬の夏はわくわくする季節です。

P24_07syokuikunikki_4c


岡村 麻純(おかむら ますみ) 1984年7月31日生まれ。お茶の水女子大学卒。大学で4年間食物科学を学び、食生活アドバイザーなどの資格を持つ。
公式ブログ:http://ameblo.jp/masumiokamura/

指の間とんとんたたき

健康生活研究所所長●堤 喜久雄

 水分不足により夏バテしやすい時期です。気力も落ちやすいので、元気をキープしたいところ。暑い時期にぴったりのつぼ刺激を意識した体操をご紹介します。
 指と指の間のつぼは両手を合わせて8カ所あり、まとめて八邪(はちじゃ)と呼ばれています。八邪は東洋医学では健康に良くない気が滞りやすい場所と考えられており、つぼに刺激を与えることで邪の気を解消していきます。やる気が出ないときや眠気を覚ましたいときにも効果的。簡単なので、起き抜けやパソコン作業中、あるいはおしゃべりしながらなど、気付いたときにやってみると良いですね。
 たたき方は力を入れ過ぎず軽い感じでOKです。速さやたたく回数に変化をつけるのもお勧めです。


軽くリズミカルにとんとんたたく

ステップ1
POINT このとき左右両方の腕を動かします。

(1)左右の手の親指と人さし指の間同士をとんとんと軽くたたき合わせます。1秒1~2回程度のペースで、20回繰り返しましょう。

(2)同様に人さし指と中指の間同士、中指と薬指の間同士、薬指と小指の間同士をたたき合わせていきます。

P28_06teyubi_01_4c_2

ステップ2

(3)手の上下を変えた動きを加えます。(1)の体操を行った後、手を入れ替えて親指と人さし指の間同士をたたきます。

(4)同様に人さし指と中指の間同士、中指と薬指の間同士、薬指と小指の間同士もそれぞれ手を返し同じ体操を繰り返します。

P28_06teyubi_02_4c_2


2019年5月30日 (木)

梅雨お薦め!  米酢のパワー

管理栄養士・フードスタイリスト●大槻万須美

 米酢はお米を主原料として造られるお酢です。本来の製法では、蒸し米にこうじ菌と酵母を加えて発酵させ、お米のでんぷんをアルコールへと変化させた後、酢酸菌を混ぜてアルコールを酢酸へとさらに変化させ、熟成期間を経て造られるため、大変手間がかかります。
 アルコールを酢酸発酵させて造られるお酢の材料は、お米の他に小麦やトウモロコシなどの穀物、リンゴやブドウといった果汁など、醸造酒の原料となる糖分があれば基本的に何でも主原料となり得ます。
 数あるお酢の中でも、米酢はお米の甘味とうま味が生きた風味のあるお酢です。お米を主原料としているので和食との相性が良いとされており、酢飯に使うすし酢、酢の物の合わせ酢、煮物の隠し味などに向いているといわれます。お米が主食の私たちにはおなじみのお酢ですね。
 米酢をはじめとしたお酢に、健康維持につながるといわれる作用があるのはご存じの通りです。そんなお酢の主なパワーをご紹介します。
・抗菌作用
 お酢は食中毒予防に役立ちます。季節の変わり目など体力が落ちているとき、雑菌が繁殖しやすい梅雨の時期や気温上昇期などには積極的に利用しましょう。
・食欲増進効果
 酸味が唾液の分泌を促進し、消化吸収を助けます。食欲が低下して栄養のバランスが崩れがちな梅雨の季節にぜひ取り入れたいですね。
・減塩効果
 お酢の酸味で塩分をカットでき、血圧が気になる方の強い味方となります。減塩を意識して、しょうゆや塩の代わりにお酢の力を借りましょう。仕上げの調味には特に香りの高い米酢がお薦めです。
 梅雨の時期には米酢のパワーが役立つ機会が多くなります。米酢を食生活に取り入れて、梅雨の時期を健康的に乗り切りましょう!

P25_05kome_4c


大槻 万須美(おおつき ますみ) 楽しく食べて健康に。食の大切さを正しく伝えるため、ママと乳幼児のための料理教室やアスリートの食事指導、特定保健指導など幅広く活動。

長方形をつくってグーパー体操

健康生活研究所所長●堤 喜久雄

 グーパーの動きを取り入れた体操を前回、前々回とご紹介し、今回は最終回です。左右の親指と人さし指で長方形をつくる体操で、応用編としてグーパーを取り入れていきます。指できれいな長方形をつくるには、手首や腕をしっかり動かす必要があります。家族や友人、職場の同僚などに見せて、長方形ができているかチェックしてもらうといいですね。一緒にやってみるのもお勧めです。
 グーパーの動きは、手指体操の中でも取り入れやすく、応用の幅の広い動きです。リズム良く交互に入れ替えることで脳に刺激を与える他、体のいろいろな場所を使うので血行促進にも役立ちます。座った姿勢、寝た姿勢、あるいはどんな姿勢でもできるグーパー体操があり、さまざまなシーンでも活用できることをお伝えしてきました。自分に合ったものを見つけ、毎日の習慣としてください。


指をしっかり伸ばして長方形をつくる

ステップ1 (1)と(2)を1セットとして、1秒1回のペースで15回繰り返しましょう。

(1)左右の親指と人さし指を真っすぐに伸ばし、直角にします。指先を合わせて横長の長方形をつくります。

(2)いったん指先を離し、手の向きを変えて(1)と逆の向きで長方形をつくります。両肘がしっかり動いているか意識しましょう。

P28_05teyubi_01_4c


ステップ2 (3)(4)の動きを15回繰り返します。

(3)ステップ1にグーパーを加えます。右手を上にして長方形をつくり、右手の指を開きパーにします。下の左手は親指と人さし指以外の指をグーに。

(4)いったん指を離し、(3)とは逆の向きで横長の長方形をつくります。上の左手をパー、下の右手をグーにします。

P28_05teyubi_02_4c


2019年4月23日 (火)

竜巻への注意

気象予報士(株式会社ハレックス)●檜山靖洋

 2012年5月6日、茨城県で竜巻が発生し、大きな被害が出ました。国内で観測された竜巻の中では最強クラスといえる竜巻でした。
 竜巻は夏に多いですが、年中発生します。5月になると日差しが強く、気温が高くなる日もあります。上空に寒気が入っているときに地面付近で気温が上がると、温度差により積乱雲が発達します。発達した積乱雲の下では、大雨、ひょう、落雷、竜巻などの激しい突風が発生することがあります。
 雷注意報が出ているときは、竜巻などの突風も発生する可能性があるといえます。竜巻が起こりやすい条件がさらにそろうと、竜巻注意情報が発表されます。この情報の発表から1時間くらいは注意が必要です。特にヒヤっとした風が吹いたり、真っ黒な雲が近づいてきたりしたら、積乱雲が近づいているサインです。すぐに頑丈な建物の中に入るようにしてください。

P34_04otenki_4c

予防したい日焼け

健康科学アドバイザー●福田千晶

 春の晴れた日は気持ち良いけれど、紫外線がたっぷり降り注ぎ、その害が気になります。紫外線の浴び過ぎは、肌にしわや染みを作り、場合によっては皮膚がんの誘因にもなりかねません。ですから、屋外での農作業やレジャーのときには肌をしっかり防御したいものです。
 長袖と長ズボン、つばの大きな帽子をかぶりましょう。帽子は、野球帽のような前面だけでなく、麦わら帽子のような後ろ側にもつばが必要です。皮膚が薄くしわになりやすい首は、手拭いやスカーフで覆うことが望まれます。もちろん手袋も欲しいです。
 日焼け止めクリームは、小まめに塗り直すのが良いので、外出時には携帯しましょう。顔だけでなく、首や耳、耳の周囲も忘れずにやや多めに塗ると安心です。手の甲も染みができたり、加齢的な変化が表れやすいので、手袋ができないときは、日焼け止めクリームが必要です。
 ただし、日焼け止めクリームは、肌の刺激になり肌荒れなどを起こす人もいます。専用のクレンジングクリームなどできれいに落としてから、せっけんを使い洗い流しましょう。面倒に感じられるかもしれませんが、毎日の積み重ねで美肌を維持できる人、そうではない人の差ができるのです。サングラスは皮膚が薄い目の周囲の肌を守る役割もあります。UVカット機能の付いたサングラスは、目を紫外線から保護してくれます。目も長年にわたり紫外線を浴び続けると、白内障など目の病気の原因になります。
 おしゃれも健康保持も兼ねて、サングラスは上手に使いたいアイテムです。黒過ぎるサングラスは光りが入りにくいため、かえって瞳孔が開き目の中に入る紫外線が増えてしまうのは意外なことです。薄めの色でUVカット付きのサングラスがお薦めです。母の日や父の日のプレゼントに、サングラスを選ぶのも良いのではないでしょうか?

P28_04kenko_4c

朝の目覚めの手足体操

健康生活研究所所長●堤 喜久雄

 目覚めが悪く布団の中でゴロゴロしてしまい、起き上がるまでに時間がかかる方もいるのではないでしょうか。今回は、目覚めてすぐ、布団の中で横たわったままの状態で行う体操をご紹介します。
 目覚めたばかりは頭がボーッとして血液の流れも滞っています。いきなり起き上がるのではなく、手と足の指先を握ったり開いたりと動かして体を徐々に目覚めさせていきます。
 今回の体操の動作を繰り返しているうちに、血液の巡りが良くなり、体温も温まってきます。体が動かせるようになり、起き上がるきっかけがつかめるでしょう。日の出もどんどん早くなるこの時期、すがすがしく目覚めて、朝から爽快に動けるといいですね。


布団の中で手足グーパー

ステップ1

(1)布団の中であおむけに深呼吸をしながら体を伸ばします。

(2)そのままの姿勢で、両手と両足を同時にグーにします。手の親指は内側に握り込み、足の甲を伸ばして指を丸めます。手の向きは上でも下でもどちらでもOK。

(3)両手と両足を同時にパーにします。この体操を最初はゆっくりで構わないので10回ほど繰り返します。

P28_04teyubi_01_4c

ステップ2

(4)目が覚めてきたら少しずつ力を入れます。5秒に1回グーパーするペースで、さらに10回ほど続けてみましょう。
(5)徐々に体が動くようになってきたら、両手を頭の上に万歳するように伸ばし、同じ動作を繰り返します。

P28_04teyubi_02_4c


グーとパー手の形

親指を中に入れる

指を大きく開く

P28_04teyubi_03_4c


グーとパー足の形

強く折り曲げる

指を大きく開く

2019年3月28日 (木)

大切な春雨

気象予報士(株式会社ハレックス)●檜山靖洋

 4月20日は二十四節気の穀雨(こくう)です。必ずしもこの時期に雨が多いわけではありませんが、周期的に雨が降ったり、時には前線の影響で雨が続いたりすることもあります。この時期の雨は百穀春雨ともいわれ、百穀を潤し成長させる雨として、植物や農作物にとっては、とても大切です。
 春雨を絵で描くとすれば、細い線で表現されます。雨粒が細かく、しとしと降る雨で風情があります。そんな春雨をイメージしたような食べ物が、その名もズバリ「春雨」です。春雨サラダ、春雨スープなど、ごま油を使って中華風にすると、よく合いますね。
 緑豆やジャガイモ、サツマイモのでんぷんで作られているため、消化も良く、炭水化物も取れます。新生活の疲れで食欲がなくなりがちなこの時期に良さそうです。春雨に風情を感じながら、春雨料理で疲れを癒やすのもお勧めです。

P34_03otenki_4c

座って全身運動その1 手足20本の体操

健康生活研究所所長●堤 喜久雄

 いよいよ農作業が本格的に始まります。とはいえ春先は寒い日と暖かい日が交互に訪れ、体調を崩しやすい季節でもあります。今回ご紹介する体操は、座ったままで行えるグーとパーだけを使ったシンプルなもの。手足同時に動かすことがポイントです。
 夜、手先や足先が冷たくて寝付けないとき、あるいは朝起き抜けに体が動かないときなどに行うのがお勧めです。運動量は少なくても、血行促進に効果があります。脳梗塞や心筋梗塞の予防にも役立ちます。
 慣れてきたら右半身と左半身の使い分けをするなど応用してみましょう。スピードを変えたり、「グー、パー」と声に出したり、立ってやってみたりと自由自在にアレンジが可能です。シンプルな動きだからこそ、飽きずに続けられる体操でもあります。


ステップ1 手足同時にグーパー

(1)椅子に座り、両手と両足同時にグーにします。手の親指は内側に握り込み、足は床から爪先を上げて指を丸めます。

(2)両手と両足を同時にパーにします。このとき、爪先は床に着け、指をリラックスさせます。このグーパー体操を1分間、秒針の速さで交互に繰り返します。

P28_03teyubi_01_4c_5


ステップ2 右半身と左半身で交互にグーパー。

(3)右手と右足をグーに、左手と左足をパーにします。
(4)右手と右足をパーに、左手と左足をグーにします。ステップ1と同じ速さで繰り返します。

2019年2月27日 (水)

めまいへの対処法

佐久総合病院名誉院長●松島松翠

 急に立ち上がったときに、目の前が暗くなったり、クラクラッとする立ちくらみ。これはなぜ起こるのでしょうか。これを防ぐにはどうすればよいでしょうか。
 めまいには、三つの種類があります。冒頭で述べたようなクラクラする立ちくらみは、めまいの中では最も多いものです。立ちくらみの主な原因は、起立時の急激な血圧低下で、脳への血流量が少なくなることです。普段から低血圧気味の方は、急に立ち上がらないように注意してください。もし症状が起きたら、横になって頭を低くしているのが良いでしょう。
 二つ目のめまいはふわふわするめまいです。体がふわふわ浮かんでいるような、またはふらふら揺れているようなめまいです。患者さんによっては、宙に浮いているように感じたり、柔らかいソファーの上に立っているように感じることもあるようです。
 これは過労や睡眠不足、ストレス、不安などで心身が不調なときに起きやすいとされています。その他、内耳の病気で起こったり、まれに脳の病気が原因の場合もあります。
 三つ目は、ぐるぐる回るめまいです。自分や周囲が激しく回転しているように感じます。このタイプのめまいは、主に内耳の病気が原因で起こります。メニエール病や前庭神経炎などがあります。
 対処法としては、十分に休んでもめまいが改善しなかったり、症状がつらい場合には、耳鼻咽喉科を受診してください。
 めまいと同時に、激しい頭痛が起こる場合、手や脚のしびれやマヒが出る場合、ろれつが回らない場合は、できるだけ早く救急外来や脳神経外科を受けてください。

P28_02kenko_4c