« 2017年7月 | メイン

2017年8月

2017年8月 1日 (火)

おいしくないニンジン雲

気象予報士(株式会社ハレックス)●檜山靖洋

 関東地方など、秋にニンジンを収穫する所は、8月ごろに種まきをするということです。種まき直後の小さい苗の間に、大雨が降り、畑が水浸しになってしまうと、苗が駄目になり、ニンジンの収穫量が減ってしまうことがあります。
 この時期は、台風シーズンでもあり、8月後半になると秋雨前線が停滞することも少なくありません。台風周辺の湿った空気が前線に向かって流れ込むと大雨になりやすいパターンです。
 非常に湿った空気が流れ込み、大気の状態が非常に不安定なとき、気象衛星からの雲の様子を見ると、やや細長い三角形をした雲が見られることがあります。その形がニンジンに似ていることから、ニンジン状の雲と呼ばれます。この雲の下では、非常に激しい雨が降り、大雨災害の危険があります。気象衛星の雲画像で「ニンジン」を見つけたら、大雨に警戒が必要です。

P34_07otenki_4c


食事はスムージーよりもご飯

管理栄養士・雑穀料理家●柴田真希

 健康や美容の観点から近年人気のスムージー。野菜や果物をミキサーにかけたスムージーは、市販の野菜ジュースなどと異なりビタミンやミネラル、食物繊維も取ることができます。食欲のない夏の朝食などにもぴったりのように感じますが、毎日の習慣とするのであれば、やはりご飯食をお薦めします。
 本来、食事は口や胃腸などで消化・吸収するものです。果物や野菜も、そのままいただくと、咀嚼(そしゃく)することで口や脳を使いますが、スムージーだとただ飲み込むだけ。咀嚼することで動かす顎周りの筋トレもすることができません。かむという行為は満腹感が感じやすくなる他、唾液と混ざることで、消化を促したり、免疫力を付けてくれるなどの効果が期待できます。
 口の中は直接感じることができますが、胃や腸においても分解する工程が粒食であるお米を消化するときと異なります。スムージーを飲んでもそのときは水分でおなかが膨れておなかがいっぱいになったように感じます。腹持ちが悪いのはこのせいです。
 暑い日には体を冷やしてくれて良いかもしれませんが、冷えは万病のもと。ご飯をしっかり食べれば冷えの改善にも役立ちます。
 スムージーがいけない飲み物なのではなく、使うシーンや用途をきちんと使い分けましょう。毎日の「食事」はあくまで粒食のご飯です。ここにおかずや汁物を付けるとバランスが良くなります。スムージーは食事では取り切れなかったビタミン・ミネラル補給に。間食や食事の前後に少しいただいたり、どうしても食欲がなくてしっかり食事が取れないときの栄養補給として取るようにしましょう。

P25_07kome_4c


柴田真希(しばたまき) 株式会社エミッシュ代表取締役。Love Table Labo.代表。管理栄養士、雑穀料理家、フードスペシャリスト、1級惣菜管理士、健康食育シニアマスター、漢方養生指導士(漢方スタイリスト)。著書に『女子栄養大学の雑穀レシピ』(PHP出版)『おなかやせ定食』(主婦の友社)などがある。